クーラーボックス

クーラーボックス塗装してみました【コールマン/スチールベルトクーラー】

マスキング(本体下部)

次に本体の一番面積の広い部分の塗装を行うため、本体下部をマスカーでマスキングします。

下地つくり(本体)

蓋、本体下部、ラッチ受けを塗装した手順で同じように行っていきます。
本体の油分、ホコリ、水分、汚れ等を取り除き、『ミッチャクロン マルチクリヤー』を噴きます。
ここでも15~20分の乾燥時間で3回塗りました。

  1. 1回目塗布
  2. 15~20分乾燥
  3. 2回目塗布
  4. 15~20分乾燥
  5. 3回目塗布
  6. 15~20分乾燥

塗装作業(本体)

本体の1回目の塗装をします。
写真は1回目の塗装。
使用するスプレーはこちら。

アサヒペンのクリエイティブカラースプレーの『アースベージュ つや消し』

 

上の写真は4回目の塗装、乾燥完了後のもの。
約1時間の乾燥時間で4回塗装しました。

  1. 1回目塗布
  2. 約1時間乾燥
  3. 2回目塗布
  4. 約1時間乾燥
  5. 3回目塗布
  6. 約1時間乾燥
  7. 4回目塗布

塗膜作り(本体)

次に塗装面を保護するためにエアーウレタンスプレーを塗ります。
10~20分の乾燥時間で3回塗りました。

  1. 1回目塗布
  2. 10~20分乾燥
  3. 2回目塗布
  4. 10~20分乾燥
  5. 3回目塗布
  6. 10~20分乾燥

これで全ての塗装作業が完了。
完全に乾燥させた後、マスキングテープ等を剥がします。

組み立て完成

分解したパーツを取り付け、これで完成。
それではマスキングした部分を見ていきます。

 

「Coleman」ロゴ

 

取っ手

 

排水口ドレン

 

ラッチ受け

 

本体下部との境目

 

背面

「Coleman」ロゴ部分だけ塗装に失敗しました。
遠目で見たら分かりませんが、近くで見ると…
境目が汚くなってしまいました。

素人なので分かりませんが考えられる原因としては、全体的に均一に塗装しなくてはいけないのに、このロゴ部分だけ局所的に少し塗装してしまったことにより、液垂れ気味になり、ロゴの縁部分に溜まってしまったのかもしれません。
もしくはマスキングのミス!?

その他の部分は綺麗に仕上がったと思います。

ちなみに写真に時々写ってるクーラーボックスを載せている台は、テントファクトリーの『スチールワークス FDテーブル450テーブル』です。

脚の展開が簡単で、作りもガッチリしているため私はクーラーボックススタンドとして使用しています。
もちろんテーブルとしても使えるため便利です。

1 2 3 4 5