クッカー

ユニフレーム【山クッカー角型3】を細かくレビュー!キャンプでかなり使える優秀なクッカー

キャンプではラーメンを食べる方が多いのではないでしょうか?
お湯を沸かし、麺を茹でるだけで食べられるという手軽さから、私もよく作ります。

しかし、袋麺を作る時、メスティンなどのクッカーでは麺を割らないと入らず、食べる時に麺をすする感覚が弱くなる印象です。

ラーメンはすすって食べるのが美味しいのに、麺が短いと美味しさ半減ですよね。
ちょっとした部分ですがストレスを感じていた方はいたのではないでしょうか?

今回ご紹介するキャンプギア、ユニフレーム(UNIFLAME)の『山クッカー角型3』は、
袋麺を割らずにそのまま茹でることご出来るナイスサイズなクッカーです。

山クッカーとは

大小2サイズの鍋とフライパンの3点セットになったアルミ製クッカー。
角型が特徴的な1〜2人にちょうどいいサイズのクッカーセットです。

左からフライパン、鍋13、鍋11

鍋13

こちらは大きい方の鍋、サイズは約12.7×12.7×深さ7.45cm。

容量は約1ℓあり、お米を2合まで炊くことが可能。
煮込み料理など2人分の料理も作れちゃいます。
もちろん蓋もあります。

鍋11

こちらは小さい方の鍋、サイズ約10.8×10.8×高さ6.4cm。

容量が約0.6ℓあり、お米を1合まで炊くことが可能。
こちらも蓋があります。

フライパン

サイズ約13㎝ × 13㎝、深さ3.4㎝のフライパン。

フッ素加工が施され、くっつきにくいからお手入れラクラク。

 

フライパンには専用の蓋はありません。
ピッタリとまではいきませんが、鍋13の蓋が使えます。

ユニフレーム(UNIFLAME)/山クッカー角型3
created by Rinker

スペック

縦(㎝) (㎝) 深さ(㎝) 容量(ℓ) 重量(g)
収納時 14 14.7 8.8 449
鍋13 12.7 12.7 7.45 1 204
鍋11 10.8 10.8 6.4 0.6 139
フライパン 13 13 3.4 106

収納方法

これが山クッカーを全てバラした状態。
それではここから収納していきます。

 

鍋11を鍋13の中に入れる。

 

鍋11の蓋を裏返して重ねる。

 

鍋13の蓋を重ねる。

 

フライパンを一番下に重ねて収納完了。
コンパクトになりました。

収納袋が付属

山クッカーにはメッシュ収納袋が付属しています。
そのためバッグの中でバラバラになるなんてことがありません。

メッシュ製だから通気性がよく、中に何が入っているか一目でわかるのもいい点ですね。

 

山クッカーのいいところ

山クッカー、実際に使ってみると本当に使いやすいんです。
ここからは山クッカーのいい部分を見ていきたいと思います。

インスタント袋麺をダイレクトに調理可能

冒頭でも述べたように、『山クッカー角型3』は袋麺が割らずにそのまま入ります。

むしろこれに合わせて作ったんじゃないかと思うほどピッタリ!

これはもう袋麺作りたい衝動に掻き立てられますよね。

クッカーには丸型クッカー、四角クッカー様々ありますが、
必ずしもインスタント袋麺がすっぽり入るクッカーばかりではないので、これは本当にGOODサイズです!

袋麺だけでなく、冷凍うどんもジャストフィット!

 

蓋がフッ素加工のフライパンに

フライパンにはフッ素加工が施され、炒め料理でもスルスルとくっつきづらいため、料理のお手入れも簡単です。

ベーコンエッグもサクッと簡単に作れます。

ベーコンエッグ調理後のフライパン。

ウェットティッシュとキッチンペーパーで拭いただけで汚れがスルスル取れ、簡単に綺麗になりました。
フッ素加工、優秀です。

キャンプの時の洗い物は面倒なので、これは本当に便利

料理のバリエーションが増える

2サイズの鍋とフライパンがセットだから、料理のバリエーションが広がります。

鍋で麺を茹でながら、フライパンで野菜を炒め、ラーメンの上に乗せるなど、同時進行で効率よく料理を作れるのが嬉しい。

 

写真は豚キムチ味噌ラーメン。

鍋13で麺を茹で、フライパンで豚キムチを炒めそのまま麺の上にのせるだけ。
山クッカーのフライパンと鍋がセットになっている利点が、料理の幅を広げてくれます。

[ごはん、味噌汁、おかず]や[ラーメン、餃子、ライス]など豪華セットまで作れちゃいます。

豚キムチ味噌ラーメンの料理動画はこちら

こちらも山クッカーで作った麻婆麺の動画

スタッキング

キャンプでは出来るだけ荷物をコンパクトに収めたい。
となると、クッカーの中まで道具を入れてスタッキングします。

山クッカーは鍋11の中にスペースがあるので、そこに道具を入れることが可能。

上の写真のとおり、OD缶250は入りませんが、110ならどうか?

 

中には入りました。
しかし、、、

 

蓋を載せるとツマミ部分が出っ張って、浮いてしまいます。

でも諦めるのはまだ早い!

 

このツマミ、実は工具を使わず簡単に外すことができます。

 

しかし、ツマミを外してもまだ少し浮きますね、、、

 

最終的に鍋13の蓋をのせると少し浮き気味ではありますが、
ネットに収納するし、不安ならゴムバンドで固定するのもあり。綺麗にスタッキングとはいきませんが、許容範囲内かと思います。

ガスボンベはけっこう嵩張るのでスタッキングできるのは嬉しいですね!

ツマミが簡単に外れることを知っておくと、ガスボンベに限らず役にたつ時がくるかもしれませんね。

 

フォールディングナイフも入ります。
・フェデカ(FEDECA)/ヤマ飯ナイフ
・オピネル(OPINEL)/カーボン#8

 

折り畳みのスプーン、フォークなどのカトラリー類ももちろん入ります。

何が入るか試してみるのも楽しめますね。

ノルディスク(Nordisk)/Titanium Fork
created by Rinker

ノルディスク(Nordisk)/Titanium Knife
created by Rinker

1 2