クーラーボックス

クーラーボックス塗装してみました【コールマン/スチールベルトクーラー】

キャンプしていると、既に持っている道具でも新しいものが欲しくなったり、自分のサイトに合わないな~と感じたりすることがあるかと思います。
しかし、その度に毎回買い替えているとなかなかの金額になってしまうことも…。

私はコールマンのクーラーボックス(スチールベルトクーラー)を使っているのですが、最近サイトの雰囲気と合っていないような気がしていて、買い替えを検討していました。

検討していた物は、ヴィンテージコールマンのクーラーボックス「バターナッツ」、通称「チョコパフェ」と言われているものです。
しかし、フリマサイト等を見るとだいたい3万円台で取引されていてなかなかのお値段。
他にも欲しいものがあるため少し考えていました。

考えた結果、機能面、大きさ、容量等は今使っている物がちょうどよく、トータルして特に不満に思うところがないため、
それなら『今持っている物を自分好みに塗装してみよう!!』という結論に至り、DIYすることを決めました。

今回はそのコールマンのクーラーボックス(スチールベルトクーラー)の塗装の様子を紹介します。

塗装前の姿

今回塗装していくのがこちらのコールマン『54QT スチールベルトクーラー(ステンレス)』です。
2ℓのペットボトルが縦に入るサイズで、容量、保冷力、総合して優秀でとても使いやすいです。

本体サイズ 約60×42×41(h)㎝
容量 51ℓ
重量 約7.5㎏
材質 スチール、ステンレス、発砲ウレタン、ポリエチレン

使用するもの

今回使用したものです。

スプレー類、左側から

  • パーツクリーナー
  • ミッチャクロン マルチクリヤー
  • アサヒペン クリエイティブカラースプレー(コーヒーブラウン つや消し)
  • アサヒペン クリエイティブカラースプレー(アースベージュ つや消し)
  • エアーウレタンスプレー(つや消しクリアー)

テープ類、左側から

  • マスキングテープ(幅24㎜×長さ18m)
  • マスキングテープ(幅18㎜×長さ18m)
  • マスカー(幅550㎜×長さ20m)

エアーウレタンスプレーの特性を把握していなかったこととで、私は最終的に2本使用しましたが、すべてのスプレーは1本ずつで足りると思います。

分解する

まず上2枚の写真の部品
・ラッチ
・ラッチ受け
・蝶番2つ
これらを外していきます。

ドライバーで簡単に外すことができました。
これで本体から蓋が外れます。

 

これが外したパーツです。

 

コールマンのロゴとサイドの取っ手は残念ながら外すことが出来ませんでした。
この部分はマスキングすることにします。

汚れを除去

油分、ホコリ、水分、汚れ等がついた状態では綺麗に塗装することが出来ないため、パーツクリーナーを使って塗装する面を綺麗にしていきます。

目に見えない油汚れ等あるので、パーツクリーナーを噴いてウエスでしっかりと拭き取ります。

1 2 3 4 5