キャンプ日記

【キャンプ日記】薪ストーブであったか〜 ふもとっぱらでおこもりキャンプ

設営完了

この日はチェクインが15時過ぎ頃、
そこから設営ポイントを検索。

まずフリーサイトのキャンプ場ではいつもここでけっこう迷います。
設営完了したのは辺りが少し暗くなり始めて来た頃、17時くらいだったと思います。
写真はちょうどその時の写真。
富士山を眺めながらふーっと一息。
この景色で朝からの疲れも吹き飛びます。

薪ストーブに火を入れ、夕飯準備に取り掛かりました。

夕飯は鍋焼きうどん&油揚げキッシュ

今回のキャンプ飯は鍋焼きうどん。
器はメスティンとスノーピークのアルミパーソナルクッカー。
もはや鍋ではない(笑)
薪ストーブの熱も使って料理していきます。

うどんは最後に玉子を落として完成。
もう一品、油揚げキッシュも作りました。

通常のキッシュだとうどんに合わないけど、
油揚げを使ったキッシュなら合いそうという理由です。
もっと他にもうどんに合う料理あっただろうに、なぜかキッシュから離れられなくなりました(笑)

キッシュは薪ストーブのオーブン部分を使って焼きました。

 

黄身を絡めていただきます。
あっさりとした鳥の出汁が美味しくてペロリでした。
これ鍋にしても美味しそうな予感。

【送料無料 正規品】スノーピーク(snow peak) アルミパーソナルクッカーセット SCS-020 キャンプ 春 夏 秋 冬 キャンプ飯 飯盒

created by Rinker
trangia(トランギア)
¥1,540
(2023/02/07 15:46:14時点 Amazon調べ-詳細)

食器を洗わないという選択肢

この時期のキャンプ場の水って
びっくりするほど冷たく辛いです。

いつもはゴム手袋をして洗い物をすることで
水の冷たさを軽減していましたが、
そもそも食器洗いに行くことが面倒だったりしますよね。
それなら洗い物しなければいいじゃんってことなんです。

そこで、今回のキャンプでは使った食器や調理道具は全て拭いて完了にしました。

1.キッチンペーパーである程度汚れを拭き取る
2.除菌タイプのウェットティッシュで拭く

この手順でほとんどが綺麗になります。

拭き取るだけでOKな洗剤が存在する

ただ拭き取るだけじゃ油汚れとかが不安だなと思う方、
洗剤を吹きかけて拭き取るだけという便利な洗剤が存在するんです。

「エコキッチンクリーナ」という洗剤なのですが、環境にも配慮されていて100%植物由来の原料のみでできているという、
まさにキャンプに持ってこいな洗剤です。

私は使ったことがなかったので早速ネット注文しました。
次回キャンプで使用予定です。

テント内の温度・湿度

薪ストーブの熱でテント内の温度はぐんぐん上昇。
みるみるうちに30℃オーバー、真夏日です。

『乾燥はお肌の敵‼︎』
気になるのは湿度の低さ。
ヤカンに水を入れて常にストーブにかけてもこの湿度なので、
何か対策をしないとかなり乾燥します。

乾燥対策として霧吹きが有効的だとインスタグラムのフォロワーさんから教えていただきました。
空間に直接水分を吹き付ける。
確かに効果ありそうですよね‼︎
次回からやってみたいと思います。

ごろごろタイム

食事の後はしばしごろごろタイム。
メイン照明を消してオイルランプと薪ストーブの明かりだけで癒しの空間。
気持ちのいいひと時です。

もぐもぐタイム

ごろごろ一休みしたところで夜のおやつの時間。
せっかくオーブン機能が付いてるので使わない手はないですよね。
業務スーパーで買った冷凍のエッグタルト。
薪ストーブのオーブンで焼き上げます。

焼き立ての味、最高。
量的にもちょうどいいおやつでした。

てっぺんが少し雲掛かってますが、
夜の富士山もとっても素敵です。

 

まったりのんびりと過ごしていたら
あっという間に日が変わっていて、2時過ぎ。

今回はチェックインがいつもより遅かったから、全てが遅くなっていった感じです。

これにて1日目は終了、おやすみなさい。

1 2 3