焚き火道具

焚き火台「ペトロマックス(Petromax)/アタゴ(Atago) 」が多機能でよく燃える

設定も収納もワンアクション!

キャンプではテントやタープを設営したり、ランタンやバーナーを設定したり、たくさんの道具を設営しなくてはいけません。

少しでも設営が簡単な道具があるととても助かりますよね。

アタゴ(Atago)は設定も収納もワンアクションでとても簡単。

  • 設定 … 取っ手を持ちそのまま上へ持ち上げる
  • 収納 … 底を持ちそのまま持ち上げる

たったこれだけで設定、収納が出来ちゃうんです。

設定方法

アタゴが収納された状態
取っ手を持つ
上へ持ち上げる
シャキーンと脚が出ます
設定完了

収納方法

アタゴの底を両手で持つ


そのまま上へ持ち上げる


3本の脚が内側に折りたたまれてくるのと同時に本体上半分が収納されてくる


収納完了

設定も収納もワンアクションで出来るのは本当にありがたいですね。

裏面を見ると、3本の脚がこのように折りたたまれています。

収納バッグで搬送楽々

オプションで販売されているこのバッグを使えば搬送も楽チン。

開くとこのように収納力にかなり余裕があります。

蓋の内側にはポケットが3つあり、焚き火関連の道具等入れられるので便利です。

このファスナー部分にロストルが収納可能です。
ロストルを入れてもまだ余裕があります。

私のスタッキング術

たくさんの荷物を持っていくキャンプでは、スタッキング(道具を積み重ねること)が出来ると車への積載に優しくなりとても助かります。

それでは私がキャンプへ行く際にしているアタゴのスタッキングを紹介します。

収納状態のアタゴの中にダッチオーブンを重ねます。

そして、このダッチオーブンの中にはさらにクッカーセットを収納しています。

 

これがダッチオーブンの中に収納しているクッカーセット。

『SOTO(新富士バーナー)のステンレスヘビーポット GORA(ゴーラ)』です。

これだけの量があのダッチオーブンの中に入ります。
ちなみにこのクッカーセットかなり使いやすいですよ。

ダッチオーブンの中は『GORA(ゴーラ)』がこのような状態で入っています。

 

ダッチオーブンの蓋は少し浮きます。

 

このスタッキングした状態で高さは22㎝弱。
この状態で収納バッグへ。
ダッチオーブンのリフター(ダッチオーブンとその蓋を持ち上げるための道具)は内側のファスナーポケットに収納。

ファスナーを閉めて完了。
このセットでいつもキャンプに出掛けています。

このデメリットとしては、重量が重たいこと。
女性は車への載せ降ろしが大変かもしれません。

6.1㎏(アタゴ) + 4.9㎏(ダッチオーブン) + 3.5㎏(ゴーラ) = 14.5㎏

総重量約14.5㎏になります。

まとめ

アタゴ(Atago)は焚き火、ダッチオーブン料理、バーベキューができる万能な焚き火台。
本当によく燃えるし、いつもの焚き火がより楽しくなります。

しかしネックなのが値段です。
少し高めではありますが、使用してみるとこのアタゴの良さが実感できるはず。

アタゴで焚き火、ダッチオーブン料理、バーベキュー、そしてキャンプを楽しみましょう。



インスタグラムでもキャンプネタ更新中。

よろしければフォローお願いします(^^♪
↓↓↓ ともやん ↓↓↓

↓↓↓ さーやん ↓↓↓

1 2